スマホ業界

【バルミューダのスマホ】スペック・デザインなどわかりやすく解説!

バルミューダスマホのスペック・デザイン
ぐらと
バルミューダからスマホが新発売されます!

バルミューダのスマホ「BALMUDA Phone」が11月26日に発売されます。

 

バルミューダといえば扇風機やトースターなどで人気を博したメーカーですが、まさかのスマホ発売です。

 

僕も実際バルミューダスマホ触ってみましたが、一長一短があり面白いスマホという印象です。

 

今回はバルミューダスマホのスペック・デザインについて簡単に解説していきます。

 

バルミューダスマホのスペック・デザインについて

バルミューダスマホのスペック・デザイン

 

バルミューダスマホは曲線的なデザインが特徴的です。

ぐらと
初めて見た時はiPhone3Gじゃん!と思いました。

 

直線的な部分がなく全て曲線的なデザインで、手に収まりやすいサイズ感に作られています。

 

画面サイズは4.9インチで最新のスマホにしてはかなりコンパクトな印象です。

 

ぐらと
最近のスマホは大画面なものばかりなので、コンパクトなスマホが欲しい人におすすめなスマホです。

 

バルミューダスマホのスペックはこちら。

サイズ感高さ 123mm x 幅 69mm x 厚さ 13.7mm
重量・画面サイズ約138g・約4.9インチ/フルHD
内蔵メモリROM 128GB / RAM 6GB
バッテリー容量2,500mAh
CPUQualcomm®︎ Snapdragon™ 765
生体認証指紋
充電方式USB PD3.0/ワイヤレス充電対応
防水防塵IPX4(生活防水)・IP4X
価格143,280円
取り扱いキャリアソフトバンクのみ

 

スペック面を取り上げると140,000円のスマホにしては少し心もとないです…。

 

ぐらと
ただ実際触ってみた感想としてはビジネスマンには使い勝手が良さそうだと思いました。

 

スマホ本体がかなりコンパクトで胸ポケットにスポッリ収まるサイズ感に好感が持てました。

 

また画面をスワイプするだけで基本的な機能がすぐに使えます。

  • スケジューラ
  • メモ帳
  • カメラ
  • 計算機

この基本的な機能にもバルミューダのこだわりがつめ込まれています。

 

ぐらと
バルミューダスマホの印象はビジネス向けに最適化された効率化スマホです。

 

ここからバルミューダスマホの魅力を取り上げていきます。

 

使い勝手の良さが魅力的【バルミューダスマホのスペック・デザイン】

バルミュー使い勝手が魅力

バルミューダスマホは初期ホーム画面からすでにシームレスに多くの機能が使えます。

 

画面スワイプだけでスケジューラ・メモ帳などよく使う機能に簡単アクセスできる他、2つラインをなぞるだけでショートカットが使えます。

 

上になぞる・下になぞるだけで設定したアプリの起動・設定した連絡先に通話など頻繁に使う機能なら画面を見ずとも起動できます。

 

ぐらと
スマホでアプリを探しす時間を最適化して、時短・効率化を目指したスマホですね!

 

またスケジューラ・カメラ・メモ帳・計算機などよく機能にもバルミューダスマホなりのこだわりがあります。

 

スケジューラは予定の詳細と同時に天気もわかったり、メモ帳も視覚的にわかりやすくなったりと従来のアプリより見やすく使いやすくなっています。

 

いろんなサードパーティ製のアプリを探せば同じようなものが見つかるかもしれません。

 

ただ、純正アプリなので広告が出ないのでストレスフリーなのがいいですよね!

 

ぐらと
出来のいい無料アプリでも広告があると使いづらかったり、見難かったりしますからね!

 

>>バルミューダスマホをはこちらから

 

デザインはかっこいい【バルミューダスマホのスペック・デザイン】

バルミューダスマホ

 

バルミューダスマホの背面ロゴはめちゃくちゃおしゃれです。

 

ぐらと
かっこいいですね!

 

カタログスペックではわからないところなんですが、バルミューダスマホは充電した時に男心をくすぐる仕様があります。

 

充電器を挿した瞬間「キュイーーーン!」とエネルギーをチャージするようなSEが流れます。

 

初めて充電した時はびっくりしましたね!

 

思わず同僚にその充電音を聞かせて回ってしまいました(笑)

 

ぐらと
デザイン性はかっこいいと個人的には思います。

 

スペックは少し心もとない【バルミューダスマホのスペック・デザイン】

価格は140,000円超えですが、スペックは少し心もとないです。

 

実際触った感想としては最近のスマホにしては少しモッサリしてる操作感です。

 

なのでスマホゲームや高負荷の処理をするのには向いてないです。

 

個人的な感想ですが、スケジューラやメモ帳などシンプルに誰でも使うアプリの最適化がされているスマホという感じ。

 

そのため、ビジネスシーンには使いやすいスマホに仕上がっています。

 

ぐらと
仕事用のサブ端末という印象です。

 

ただ、サブ端末に140,000円かけられるのか?という気持ちにはなりました…。

 

時短・効率化・最適化したい人にはおすすめなスマホですよ!

 

バルミューダスマホのスペック・デザインの簡単まとめ

まとめ

 

バルミューダスマホはビジネスシーンに最適なスマホです!

 

スマホゲームや動画などエンタメを楽しむには心もとないスペックですが、デザインやこだわりはビジネスシーンに最適化されたスマホです。

 

ぐらと
ビジネスシーンのサブ端末に良さそうです。

 

ただ本体価格が高めなので効率よく時間を使いたい人以外には需要がなさそうと思いますね。

 

スペックのわりには高いですね。僕のお店でもスタッフには不評です。

 

イベント会社の人は絶賛してました、忙しい人には刺さりそうですね(笑)

 

興味がある人はぜひご覧下さいね!

 

>>バルミューダスマホをはこちらから

 

-スマホ業界

© 2021 マトメバコ! Powered by AFFINGER5