BASE FOOD(ベースフード) 宅食サブスク

【朝食と昼食】ベースブレッドに置き換えるだけで健康的に解決!

ベースブレッドを朝ごはんや昼ごはんに置き換えるダイエット

ぐらと

健康を何より大事だと考えている30代。
不健康な生活で病気になったことをきっかけに、食事や栄養、運動の大切さに気づいて90キロ→70キロのダイエットに成功!
健康的な生活を発信中!
簡単な自己紹介とダイエットの結果はこちら!

「朝食や昼食に置き換えのはどう?」

「健康的なご飯が食べたい!」

 

完全栄養食で人気なベースブレッドですが、朝ごはんや昼ごはんなどに置き換えるダイエットはどうなのか、気になる人も多いです。

このページを見てもらえば、ベースブレッドを朝食や昼食に置き換えるメリットやデメリットが丸わかりです!

ということで、今回は朝食や昼食にベースブレッドを置き換えるメリットデメリットを紹介していきます。

 

\今なら20%OFFで1番お得!/

 

そもそも朝ごはんを食べたほうがいい?

朝

 

基本的に朝ごはんは食べたほうがいいです。

 

その理由はこちら。

朝ごはんが必要な理由!

  • 頭を動かすエネルギーになる
  • ダイエットになる
  • 筋肉の分解を防ぐ

というのも、朝起きた状態だと体の栄養は枯渇しています。

 

そのため、できるだけ朝ごはんを食べて体に栄養を届けてあげてほしいわけですよ。朝ごはんを食べるだけで、体的には嬉しい効果がたくさんあります。

どうしても無理な場合は、無理やり食べる必要はないですが、できるだけ食べることをおすすめします。

 

朝にある程度食べることで炭水化物などはブドウ糖に変わり、頭の働きのエネルギーになります。

脳にエネルギーがいかないと内臓の動きが悪くなったり集中力がなくなったりといい影響がありません。

ぐらと
体がちゃんと動かないのは怖いですよね…。

 

ダイエットのために朝ごはんを抜く人もいるかと思いますが、実は逆効果だったりします。

朝ごはんを抜くことで、昼ごはんを食べた時に血糖値が急上昇したり体がエネルギーを貯めこもうとするので太りやすくなります。

最後に体は枯渇状態なので、筋肉を分解して体を動かすためのエネルギーを作ろうとします。筋肉が分解されると、基礎代謝が下がってさらに太りやすくなります…。

 

ぐらと
ダイエットをしようとしているのに、朝ごはんを抜くと体にいいことはないもないんですよ…。

なので、朝ごはんはある程度食べて欲しいですね。

 

ベースブレッドを朝食に置き換えダイエットするメリット

ベースブレッドを朝ごはんに置き換えるダイエット

 

ベースブレッドを朝ごはんや昼ごはんに置き換えすることで、ダイエットにメリットがあります。

 

ベースブレッドにはこんなメリットがあります。

  • 栄養がある
  • 手間がいらない
  • 腹持ちがいい
  • 意外とカロリーがある
  • アレンジで楽しめる

簡単にまとめていきます。

 

栄養があるからしっかり体が起きる

BASE FOOD(ベースフード)の栄養

 

ベースブレッドにはたくさんの栄養があります。

今回ベースブレッドをおすすめしている1番メリットなところです。

 

というのも、市販の菓子パンや惣菜パンだと美味しいんですが、カロリーが高い上に体によくない添加物が入っています。しかも、必要な栄養がありません。

ぐらと
朝1番、体の栄養が枯渇している状態の時にしっかり栄養があるものを食べることで、1日をメリハリをつけて動けるようになります。

 

ベースブレッドは1食あたり1日の1/3の栄養(※)が摂れる優れもの。

※栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合

 

朝から食べることで1日の活力にしていきましょう。

 

手間がゼロだから忙しい朝にピッタリ

BASE FOOD(ベースフード)の感想レビュー

 

ベースブレッドは忙しい朝の味方で、全く手間がいらないです。

ベースブレッドは常温保存できて、袋を開けて食べるだけなので、何も準備しなくても食べられます。しいて言うなら30秒ほどレンチンすると美味しくなります。

ぐらと
朝は何かと忙しいですから、なんの手間もいらないベースブレッドはとても助かります!

 

特に朝ごはんを抜く人は時間がないから・その分寝ていたいからという人が多いです。

朝ごはんを抜くデメリットはわかってもらえたと思うので、ベースブレッドならノータイムで食べられるので、朝の時間を少しでもゆっくりできるのは助かりますね

ぐらと
朝に食べるルーティーンができれば、朝ごはんに悩むこともなくなるのも嬉しいですね。

 

腹持ちがいいから昼間で間食知らず

BASE FOOD(ベースフード)の感想レビュー

こちらベースブレッドのミニ食パンなんですが、そんなに大きくないんですがベースブレッドは腹持ちがいいです。

 

ぐらと
全粒粉の生地がもっちもちなんですよ!

レンチンすると、特にもっちもちふかふかで歯ごたえがしっかりあります。そのためよく噛まないといけません。

そして、水を含んで膨らむ食物繊維も豊富に入っているので、お腹が膨れます。

 

ぐらと
そこそこ食べる僕でも朝に食べれば4〜5時間くらいは普通に過ごせそうな満足感がありました。

朝に食べれば、昼までに間食知らずでした。「おかな空いたな、なんか食べたいな」という気持ちが出てこなかったですね。

 

実際に食べた感想レビューは、こちらで載せてますので参考にしてください。

BASE FOOD(ベースフード)の感想レビュー。ベースブレッドを実食とアレンジ。

 

意外とカロリーがあるから昼までに持つ

ベースブレッドの感想レビュー

 

朝は体を動かすためにある程度カロリー必要ですが、ベースブレッドは意外とカロリーがあります。朝にはいいカロリーです。

 

例えば、先ほどのミニ食パンなら1袋で233kcal、ベースブレッドは1食あたり2袋推奨なので単純計算466kcalです。

ここにアレンジをすることで、カロリーは上がるため600〜700kcalほどにはなると思います。

 

ソーセージ入り玉子焼とベースブレッド

写真が下手で申し訳ない…(。•́ωก̀。)

 

こちら僕のミニ食パンアレンジ。少し見にくいですが、ミニ食パンの上にソーセージを巻いた玉子の目玉焼きを乗せてます。

ミニ食パン233kcal、卵3分200kcal、ソーセージ3本で150kcalくらいなはず…なので、約600kcalほど。

 

プレーン味はアレンジがないと食べにくいのでここまでしてますが、メープルやチョコレートなどはそのままでも食べられるくらい美味しいです。

ぐらと
メープルやチョコレートは約1袋250kcalなので2袋で約500kcalです。朝ごはんとしてはいいカロリーだと思います。

 

アレンジで楽しめるから毎朝楽しい

BASE FOOD(ベースフード)のベースブレッドのアレンジ

BASE FOOD(ベースフード)の感想レビュー

 

さっきの卵乗せアレンジで惣菜感を出しても美味しいし、シンプルにあんこやジャム、はちみつなどで甘くアレンジしても美味しいです。

 

忙しい朝にはなかなか難しいかもですが、作り置きの料理などアレンジを楽しめます。

ぐらと
やっぱりどうせなら美味しく栄養のあるご飯にしたいですよね!

 

ベースブレッドを朝食にする口コミ

BASE FOOD(ベースフード)の口コミ評判

 

 

Twitterで「ベースブレッド 朝ごはん」で出てきた口コミをまとめました。

まだまだたくさん、ベースブレッドを食べている人はいらっしゃいました。

 

ぐらと
手軽に栄養が摂れるのが大きいですね。市販の食パンなどでは摂れない栄養が摂れて体を若く健康に保てるのが嬉しいところです。

朝ごはんを元々食べない人は手間いらずで食べられるからおすすめですし、今まで市販のものなどで朝ごはんを済ませていた人は、置き換えるだけで栄養が摂れるのでおすすめてすよ。

 

ベースブレッドを昼食に置き換えるダイエットのメリット

BASE FOOD(ベースフード)の感想レビュー

 

ベースブレッドを昼ごはんに置き換えるメリットはこちら。

  • コスパがよくなる
  • 買いに行く手間がいらない
  • 間食が減る
  • 健康的にいい

 

簡単にまとめていきます。

 

コンビニやスーパーの弁当より安くてコスパがいい

BASE FOOD(ベースフード)のコスパ

 

ベースブレッドなら、一般的なコンビニ弁当や軽食よりもコスパよく食べられます。

メープル・チョコレートなどのフレーバーなら味がついていてそのまま食べられる美味しさです。約400円で満足感のある昼ごはんになりますよね。

 

ぐらと
プレーン味ならアレンジ食材代がかかるのでもう少しかかりますけど、それでもコンビニ弁当よりも安いくらいです。

栄養豊富でそこそこ安いのがベースブレッドの魅力でもあります。

 

買いに行く手間がいらないからお昼休憩の貴重な時間を使わない

BASE FOOD(ベースフード)の感想レビュー

 

ベースブレッドはこんな形で家に届きます。そのため買いに行く時間がいりません。

 

お昼の休憩時間って1時間とそんなに長くないのに、その内の貴重な5〜10分を使ってご飯を買いに行く手間がいらないのは嬉しいですよね。

ぐらと
家からかばんそっと入れるだけ。それだけでお昼ごはんの準備完了です。

 

もし急に職場の人にお昼ごはんに誘われてもベースブレッドは賞味期限が1ヶ月ほどありますから、焦ってすぐに食べなくても大丈夫です。

そういう日だけ外食に行ってもいいかもしれませんね。

 

間食が減るのでダイエットに効果的

朝ごはんのときにも言いましたが、ベースブレッドは腹持ちがいいので間食が減ります。

間食が減ればダイエットにもなるし、余計な費用もかからないといいこと尽くし。

 

ぐらと
デザートを食べる前は「今日は頑張ったから!」と意気揚々と買うのに、食べた後に「なんで食べたんや…」という罪悪感がなくなります。

ベースブレッドを食べるだけで満足感があるので、間食が減ってダイエットにおすすめです。

 

社会人として当然の健康が手に入る

BASE FOOD(ベースフード)の栄養

 

ベースブレッドにはたくさんの栄養が含まれています。

コンビニ弁当や外食だと、どうしても体に良くない添加物や油などが入っています。低価格で大量生産するためには仕方ない部分がありますね。

ベースブレッドには必須脂肪酸や食物繊維、ビタミンミネラルなど、体に必要なものばかりを詰め込んでいます。

 

ぐらと

なので、ベースブレッドはそこそこ安くて時短にもなる・健康にいいと現代の社会人にはとても嬉しいサービスなんですよね。

実際に食べましたが、この味でこんなに栄養摂れるなら全然ありって感じでした。

 

体を壊すと自分の評価・周りからの信頼など少なからず失ってしまいます。

僕もヘルニアでよく病欠していた時、何も言われませんでしたけど責められているような気がして嫌でしたね。

 

健康な体を手に入れるには、ますば栄養!

ベースブレッドは手軽にその栄養が摂れるので、忙しい社会人・栄養管理が苦手な社会人の方にぜひ食べて欲しいですね。

 

こちらでベースブレッドの感想レビューをまとめてます。

BASE FOOD(ベースフード)の感想レビュー。ベースブレッドを実食とアレンジ。

 

ベースブレッドを昼食に置き換えた口コミ評判

BASE FOOD(ベースフード)の口コミ評判

 

 

手間がない・腹持ちがいいなど好意的なものが多かったですね。

 

特に少食の人であれば、1食1袋でいい人もいらっしゃるくらいなので、昼ごはんが200円以内で収まるのはお財布にとても優しいですね。

ベースブレッドを持っていて「やっぱり今日はラーメンが食べたい!」と外食したくなっても、賞味期限が長いので自由に決められます。

 

ぐらと
あなたがやりやすいように健康的な食生活・ダイエットに取り入れていきましょう!

 

ベースブレッドを朝ごはんや昼ごはんに置き換えるダイエットまとめ

まとめ

今回はBASE FOOD(ベースフード)のパン、ベースブレッドが朝ごはんや昼ごはんに置き換えるダイエットにおすすめかをまとめました。

 

結論、朝ごはんか昼ごはん、どちらに置き換えてもおすすめです。

 

ぐらと
朝ごはんでも昼ごはんでも、時間的な節約になる・栄養が摂れる・満足感があると、置き換えダイエットにはとてもおすすめです。

僕は忙しい朝にゆっくりしたいので、朝ごはんに置き換えるかなという印象です。

朝昼どちらも置き換えると、さすがにカロリーが足りないのと味に飽きていくと思いますね。

 

まずは朝か昼、どちらか1食置き換えてみてください。

時間に余裕ができる・体にエネルギーが入る実感がありますので、精神的にも体的にもメリットはたくさんありますよ!

 

ぐらと
ベースブレッドは今なら20%OFFで買えるので、ぜひお試しくださいね!

 

\今なら20%OFFで1番お得!/

 

1回だけお試しで買う方法はこちらでまとめてます。

BASE FOOD(ベースフード)を1回だけお試しする注文方法を画像付きで解説!

  • この記事を書いた人

ぐらと

健康を何より大事だと考えている30代。
不健康な生活で病気になったことをきっかけに、食事や栄養、運動の大切さに気づいて90キロ→70キロのダイエットに成功!
健康的な生活を発信中!
簡単な自己紹介とダイエットの結果はこちら!

-BASE FOOD(ベースフード), 宅食サブスク