一人暮らし 料理

【卵を残さない】大量消費できる一人暮らしの卵料理。

一人暮らしで大量消費できる卵料理

ぐらと

健康を何より大事だと考えている30代。
不健康な生活で病気になったことをきっかけに、食事や栄養、運動の大切さに気づいて90キロ→70キロのダイエットに成功!
健康的な生活を発信中!
簡単な自己紹介とダイエットの結果はこちら!

ぐらと
卵を買うと消費しきれなくて賞味期限が……。

そんな問題を解決します。

 

卵は栄養豊富でコスパもよくてどこでも買える一人暮らしの強い味方、ただ唯一の弱点は賞味期限が短いことですよね。

 

いつも10個入りで買うんですが賞味期限が切れてしまうことが結構ありました。ですが、卵の使い方を変えてから賞味期限が短くても使い切れるようになりました

 

ということで今回は一人暮らしでも簡単に作れる卵を大量消費する卵料理を紹介します。あとは卵の買い方・保存の仕方も紹介しますよ!

 

ぐらと
どんな料理でも大活躍な卵ですが賞味期限が切れてしまうともったいない!

 

そもそも卵を買う必要はあるのか?

 

さて卵の大量消費を考える前に「そもそも卵を買う必要があるのか!?」という疑問があります。

 

ぐらと
なぜ僕らは卵を買ってしまうのか。

 

卵には魅力がたくさんあるからだと思います。

卵の魅力!

  • 安い
  • 完全栄養食と言われる
  • いろんな料理に使える
  • お菓子にも使える
  • お弁当に入れると色味が綺麗

ようはコスパがよくて栄養を補えてめちゃくちゃ使い勝手がいい万能食材ってことですね!

 

ぐらと
賞味期限さえ短くなければ無敵の食材です!

特に一人暮らしだとちゃんと栄養を摂れてない人も多いはず。卵を積極的に摂ることで不足しがちな栄養を補えるのでぜひ食べてほしいですね。

 

ちなみに卵は調理すれば1週間くらいは日持ちするそうなので、賞味期限が切れそうでも大丈夫です。

 

一人暮らしにおすすめしたい卵の魅力

卵の魅力

なんといっても卵の最大の魅力は安さ、コスパの良さだと思います。10個入り200円くらいで売ってますよね。特売の日はもっと安い!

 

そして卵は完全栄養食と言われています。ビタミンCと食物繊維以外の栄養は揃っている凄い食材です。タンパク質もアミノ酸スコア100と必須アミノ酸をすべて含んでいる神食材ですよ。

 

卵はいろんな料理に使われますよね。

ご飯にのせるだけの卵かけご飯、出汁を吸って美味しい親子丼、焼くだけシンプル目玉焼き、カニ玉、オムライスなどなど卵料理は無限にあります。

 

ぐらと
卵を食べている意識がなくても知らず知らずのうちに卵を食べているレベルでいろんな料理に使われてます。

 

他にもプリン、ケーキ、クレープなんかの洋菓子だったり、どら焼き、カステラとか生地関係にも入ってます。

 

しかも卵料理って色味が綺麗ですよね!綺麗な黄色でお弁当や食卓にあると食欲が湧いてくるんてすよね!

 

ぐらと
コスパがよくて栄養豊富で使い勝手がよくて食卓を彩れるって最強ですね!

 

卵のデメリット

卵のデメリットとしては高コレステロールなこと、食物繊維・ビタミンCがないことです。

 

ただ昔はコレステロールが多いから卵は1日1個までなんて言われてましたが、今ではその制限もないと言われています。

 

ぐらと
コレステロールは肝臓で一定になるように調整されているので健康な人は気にしなくてもいいと思います。

 

詳しくはこちらで簡単にまとめられまてます。

>>タマゴの魅力【監修:菅野道廣】

 

また完全栄養食と言われる卵ですが食物繊維・ビタミンCが含まれていません。なので卵だけでは栄養が摂りきれないので野菜などから補わないといけません。

 

ぐらと
さすがに卵だけ食べる人はいないと思うので大丈夫だとは思いますけどね。

 

一人暮らしでも大量消費できる卵料理

一人暮らしでも大量消費できる卵料理

大体僕は買い物に行くと2パック買ってくるのですが、問題なくいつも使い切れています。

 

いくらコスパのいい卵といえど腐らせてしまうのは忍びないのでちゃんと使い切れる料理を紹介していきますね。

 

ぐらと
卵料理なんてシンプルでいいと思うんですよね。

味付けも塩だけですが、塩に少しだけこだわってます。真っ白な塩じゃなくて岩塩を使ってます。

 

岩塩には真っ白な塩にはないミネラルが含まれているので体に必要な栄養が入っています。まぁ普通の塩でもいいと思いますけどね。

 

 

大量消費する卵料理・卵焼き

卵10個で作った玉子焼きです。500gを超える驚きの重量になります。

 

玉子焼き機に油をひいて溶いた卵を少しずつ入れていくだけなんですが、繰り返していくだけでここまでここまでのサイズ感になります。

 

このあと包丁やフライ返しで分けたい数に切っていきます。

ぐらと
僕は8等分ぐらいにして1食分は大体卵1.25個分くらいにして食べてます。

 

玉子焼きは弁当にも入れやすいですし、食卓に並べても綺麗ですから一番シンプルな卵料理ですね。ただ玉子を巻いていくのが少し手間でめんどくさい時がありますよね。

 

玉子焼き機が自宅にない人は1つあると便利です。玉子焼き以外にもソーセージ焼いたり野菜炒めたり、大きいフライパンを使いたくない時サブとして使えます

 

大量消費する卵料理・オムレツ

卵オムレツ

卵10個で作る巨大オムレツです。

玉子焼き機がない・玉子焼きはちょっとめんどくさい時におすすめです。

 

卵オムレツ

フライパンに油をひいて卵を全部入れます。かき混ぜながらトロトロになるまでかき混ぜます。

 

卵オムレツ

かき混ぜて時間が経つとこんなふうにトロトロに固まってきますので、端っこから巻いていきます。巻くのはざっくりで大丈夫です。

 

卵オムレツ

こんな感じで巻いていってあとは全体に火を通していきます。賞味期限が切れそうならしっかり火を通しましょう。

 

ぐらと
賞味期限が長い卵なら半熟で止めてもオッケーですよ!

 

卵オムレツ

裏返して火を通したら食べたい食数に分けていきます。大体8食に分けていく感じで僕は切っていきます。

 

玉子焼きよりは見た目がよくないかもですが、手軽に作れる卵料理です。時短・効率を考えると玉子焼きよりおすすめです。

 

焼くときにソーセージやたまねぎなどいろんな具材を追加してアレンジもしやすいので自分好みにできますよ。

 

ぐらと
僕はツナ缶を入れたりチーズを入れたりしています。

 

大量消費する卵料理・ゆで卵

時間がない一人暮らしの朝ごはんゆで卵

一気に作れる卵料理、ゆで卵です。賞味期限が近めなら固ゆでがおすすめです。

 

鍋に水を張って生卵を入れて沸騰させるだけ。剝くのが少しめんどくさいですが放置で作れるので楽な卵料理です。

 

もし10個一気に作るなら少し大きめの鍋が必要です。僕の家にはこの鍋があるんですがLサイズの卵10個がギリギリ入らないくらいです。

 

ぐらと
20cmの鍋があればなんとかいけるかなと思います。

ゆで卵を作ったあと麺つゆにつけて冷蔵庫に入れておけばお手軽に味玉が作れます。(写真右)

 

鍋で作るのめんどくさい人は電子レンジで作れるゆで卵メーカーもありますよ。

 

どうしても賞味期限が切れそうになったら…

賞味期限

基本的に卵を一気に焼けば大丈夫だと思いますが、焼けなかったり時間がなかったりして賞味期限が切れそうになる可能性はありますよね。

 

ぐらと
そんな時は冷蔵するのがベストです。

冷蔵すれば食中毒の原因になるサルモネラ菌の繁殖を抑えられます。また冷蔵庫に入れるときは丸い方を上にして保存するといいです。

 

丸い部分に気室という空気の入れ替えをしている部分があるため、丸い方を下にすると鮮度が落ちやすくなります。

 

最終手段は冷凍庫に入れること。

冷凍庫に入れると最長7週間持つと言われています。(早めに食べたほうがいいのは間違いないですが)

 

冷凍庫に入れるときは中身が凍って膨張して割れることもあるので、ビニールなどに入れてから冷凍するようにしておくといいです。

 

ぐらと
あとはそもそも10個入りじゃなくて6個入りを買うとかですね。

ただ6個入りはコスパが悪いのでできれば10個入りを買いたいですよね。わかります。

 

一人暮らしで大量消費できる簡単卵料理まとめ

まとめ

今回は簡単に作れる大量消費できる卵料理を紹介しました。

 

もうシンプルでいいんですよ。卵料理なんて。一気に焼いたり茹でればそれだけでいいんです。

 

ぐらと
玉子焼き、オムレツ、ゆで卵。これだけ作れれば全然大丈夫です。

一人暮らしで自分が食べる料理でそんなに凝った料理なんて食べないでしょうに。食べる人はもともと卵の消費なんて困ってないでしょう。

 

というわけで卵料理は何個か小分けにして作るんじゃなくて、一気に1パック10個丸ごといっちゃいましょう!

 

ぐらと
それだけで卵の大量消費問題は解決です!ぜひやってみてください!
  • この記事を書いた人

ぐらと

健康を何より大事だと考えている30代。
不健康な生活で病気になったことをきっかけに、食事や栄養、運動の大切さに気づいて90キロ→70キロのダイエットに成功!
健康的な生活を発信中!
簡単な自己紹介とダイエットの結果はこちら!

-一人暮らし, 料理