BASE FOOD(ベースフード) nosh(ナッシュ) PFC Standard 宅食サブスク

【宅食の比較】3つの宅食からおすすめがわかる1ページ

リゾット・ナッシュ・ベースフード

ぐらと

健康を何より大事だと考えている30代。
不健康な生活で病気になったことをきっかけに、食事や栄養、運動の大切さに気づいて90キロ→70キロのダイエットに成功!
健康的な生活を発信中!
簡単な自己紹介とダイエットの結果はこちら!

 

僕が食べた宅食のうち3つのおすすめを紹介します。

  • nosh(ナッシュ)
  • PFC Standard
  • ベースフード

この3つが宅食の中でも満足感が高く、おすすめできると感じたのでわかりやすく紹介していきます。

 

簡単にまとめるとこうなります。

nosh(ナッシュ)PFC Standardベースフード
味、おいしさ宅食トップラスのおいしさフレーバーの個性が強くおいしい控えめな甘さで食べやすい
メニュー・フレーバー60種類以上(毎週3種類追加)10種類6種類
特徴1糖質30g以下・塩分2.5g以下約25gの高タンパク、約230kcalと低カロリー1食で1日の1/3の栄養が摂れる
1食あたり料金599円〜702円〜156円〜
送料913円〜935円〜500円
賞味期限半年〜1年半年〜1年1か月ほど
公式サイトnosh 【PFC Standard】 ベースフード
今ならキャンペーン中300円OFF送料無料20%OFF
ランキング1位2位3位

 

宅食の中でも、3つのおすすめ宅食を紹介しますね。

 

nosh(ナッシュ)は美味しさ・栄養バランス・メニューが最高

 

nosh(ナッシュ)にはこんな魅力があります。

  • 宅食の中でトップクラスのおいしさ
  • おかずが多く、食事が楽しい
  • 糖質30g以下・塩分2.5g
  • 300~400kcalのメニューが多い
  • 栄養バランスがいい

 

詳しくまとめていきます。

 

先に宅食のデメリットを簡単まとめ

宅食のデメリット3つ眺める男性

宅食のデメリットはこちら。

  • 自炊より少し高い
  • ボリュームが少なめ
  • 冷凍庫を圧迫する

 

宅食は自炊より少し高いです。

自炊は1食300〜400円ほどで作れますが、宅食は安くても600円ほどかかります。少しでも安くしたい人には向いていないかもしれません。

 

ですが、自炊には時間や手間がかかります。

買い出し→料理→洗い物をするだけでも1〜2時間くらいはかかりますよね。でも、宅食ならこの時間がゼロになります。

少しのお金でこの1〜2時間を自分の時間になると思うと、かなりコスパはいいですよね。

 

宅食は健康的な食生活のために、ボリュームが少なめです。

量が多ければ多いほど、余分なカロリーや余計な栄養の摂り過ぎになるため、少なめに作られています。

ただ、全然足りない量というわけではなく、腹八分目くらいの丁度いいかもと思える量です。また、腹持ちがいい食品を使うなどして、ダイエットや減量向けにも作られていますよ。

 

最後に宅食は冷凍庫を圧迫します。

特に一人暮らしの人だと、冷凍庫が小さい人は注意が必要です。

ですが、宅食によっては冷凍庫を全く圧迫しないものもあります。

PFC Standardの感想レビュー

 

こちらPFC Standardを冷凍庫に入れた写真なんですが、スッキリ収まってますよね。このように全く、圧迫感がないものもありますよ。

 

nosh(ナッシュ)は美味しさ・栄養バランス・メニューが最高

 

nosh(ナッシュ)にはこんな魅力があります。

  • 宅食の中でトップクラスのおいしさ
  • おかずが多く、食事が楽しい
  • 糖質30g以下・塩分2.5g
  • 300~400kcalのメニューが多い
  • 栄養バランスがいい

 

ナッシュは宅食の中で、トップクラスのおいしさです。

冷凍弁当なので揚げ物系はカラッとはしてませんが、肉や魚はジューシー・野菜はシャキシャキで素材の旨味を感じます

さらに、開けた瞬間に、食欲をそそられる香りが広がります……!

ぐらと

特にチキンの洋風バター醤油ってメニューがあるんですが、バター醬油の香りがたまんねぇんだ……!!

レンジを開けた瞬間から、これは絶対うまい!って確信ができるんですよね!

チキンの洋風バター醤油

チキンの洋風バター醤油です。 付け合わせのコリッコリ食感の砂肝もたまりません!!

 

また、ナッシュは塩分2.5g以下で作られています。

口コミでも、味が薄いとの意見もありましたし、確かに副菜に薄めのものがありました。

ですが、副菜の味が薄いメニューは、主菜の味がしっかり濃いんですよ

主菜の味に合わせて、箸休めにするためにわざと薄くしているんだと感じました。

主菜はしっかりした味付け・ジューシーさ・肉汁がたまりませんでした!

ぐらと
むしろ、ご飯が欲しくなるくらい、味付けはしっかりしています!

ハンバーグと温野菜のデミ

ナッシュは主菜1品・副菜3品で作られています。

主菜の肉や魚でタンパク質や脂質、副菜の野菜から炭水化物やビタミンミネラルを摂れます。

つまり、体に必要な栄養がしっかり一皿に詰まっています。

 

さらに、主菜1品・副菜3品なんて一人暮らしではなかなか作れないですよね。

いろんな味を楽しめるから、食べるのが楽しみになってきます。

ぐらと
せっかくの食事ですから、おいしく楽しく食べたいですよね!

 

ただ、ナッシュに基本的にご飯はついていません。

そのため、ボリューム感が少し物足りないです。

「少ない…」との口コミも、確かにあります。

僕もナッシュだけでは足りず、朝や昼に食べるならご飯が欲しくなりました。

ぐらと
ダイエットで検討している人なら、豆腐やサラダと合わせて食べるのがおすすめです。

 

ナッシュ継続割引

ナッシュは1食599円〜と、それほど高くないです。

コンビニ弁当でも500円ほどしますからね。

むしろ、家に届く・レンジでチンするだけ・食べたら捨てるだけと、手軽さを考えるとコスパが高いです。

そして、購入を続けていくにつれ割引が入り、最終的に最安は499円となります。

 

ナッシュを簡単にまとめると、こうなります。

ナッシュをおすすめする理由

  • 素材の旨味がしっかりあっておいしい
  • 主菜と副菜で栄養バランスがいい
  • メニューが多く飽きない
  • 健康的な食事・いろんな味が楽しめる
  • チンするだけ・捨てるだけで手間がゼロ
  • そんなに高くない

 

ぐらと

宅食は、趣味や大切な人との時間を作れるようになるので、人生の幸福度が上がります。

ナッシュは、さらに食事の満足感も上げてくれます。

 

「宅食サービスに興味がある」

「楽においしいご飯を食べたい!」

こういった考えがある人は、nosh(ナッシュ)なら間違いありません。

 

nosh(ナッシュ)は4,000万食

ナッシュは4,000万食を超える販売実績があることから、その人気は確かなものです。

宅食でおすすめなのは?と聞かれたら、僕は迷いなくナッシュをおすすめします

それぐらい、nosh(ナッシュ)はおいしかったです。

ぐらと

チキンの洋風バター醬油は、思い出すだけでお腹がすいてきます…!

また絶対注文します!

 

今なら300円オフのキャンペーン中なので、ぜひお試しください。

ナッシュで健康的なおいしいご飯を食べてください、絶対に損したとは思わせません。

 

\nosh(ナッシュ)は今なら300円オフ!/

 

ナッシュについてはこちらでまとめてます。

「ナッシュを検討したい!」こんな思いに応えてます。

【低糖質の宅食】nosh(ナッシュ)の全てがわかる総まとめ

PFC Standardは満足感が高く、約230kcalという低カロリー

 

PFC Standardにはこんな魅力があります。

  • 10種類のフレーバーがおいしい
  • 高タンパク、低カロリー
  • 1食300グラムとボリューム感がある
  • PFCバランスがいい

 

PFC Standardとは

PFC Standardは健康的な冷凍リゾットです。

1食あたりのタンパク質約25g、カロリーは約230kcalと低カロリーで、ダイエットや筋トレする人向けとなっています。

メイン食材に鶏胸肉は一切パサパサ感がなく、しっとり食感でフレーバーによく合います

どのフレーバーも、美味しく食べられました。

ぐらと
リゾットの定番のチーズはもちろんおいしかったですし、あさり、イカスミもよかったです!

 

PFC Standardの感想レビュー

 

宅食は低カロリー・健康的な食事が多いため、ボリューム感が少なくなりがちです。

ですが、PFC Standardは1食300グラムとボリューム感があります。

300グラム=お茶碗2杯分のボリュームがあります。

実際僕も食べましたが、ボリュームを感じました。

 

さらに、ご飯ものなので、お米を炊く必要もなくPFC Standard一品で完結します。

レンジで5分チンするだけで、栄養が詰まったご飯が食べられるので、なんの用意もいりません。

 

ぐらと
そんなPFC Standardを2位にした理由は、ナッシュと比べて洗い物があるからです。

ナッシュは上記で見てもらったように、食べたら捨てるだけなんですが、PFC Standardはパックに入ってます。

 

PFC Standardの感想レビュー

このパックをレンジでチンするんですが、このままでは食べられないので、お皿に移さないとダメなんですね。

ボリューム感・カロリー面ではPFC Standardも優秀なんですが、手間の部分でナッシュが1位です。

 

ぐらと

あと、個人的に1食で主菜・副菜を楽しめるナッシュが嬉しいですね。

食事を楽しみたいというのは強い理由ですね。

今なら約1,000円の送料が無料になるキャンペーンもしています。

 

\送料無料キャンペーン中!/

 

PFC Standardの注文方法はこちらでまとめてます。

【1回だけお試し】PFC Standardの注文方法が絶対わかる解説。

 

感想レビューはこちらから。

【感想レビュー】PFC Standardは神コスパな冷凍リゾット

 

PFC Standardのまとめはこちらから。

【口コミと評判】PFC Standardの全部がわかる1ページ。

 

ベースフードは手軽・安いのに、栄養バランスがいい

BASE FOOD(ベースフード)の感想レビュー

 

ベースフードには、こんな魅力があります。

  • 甘すぎず食べやすい
  • 宅食で1番手軽
  • かなり低コスト
  • 1食で1日の1/3の栄養が摂れる
  • 腹持ちがよく満足感が高い

 

各フレーバーの主張しすぎない味と、全粒粉の小麦の香ばしさがよく合い、おいしいです。

ですが、市販のパンやコンビニ弁当と味を比べると、コンセプトが違うため味では負けてしまいます。

市販のパンやコンビニ弁当は「体に悪いものを入れておいしいもの」ですが、ベースフードは「体に必要な栄養を詰め込んだパン」なんです。

ぐらと
健康を気にしている人なら、ベースフードは絶対おすすめです。

 

ベースフードはどの宅食よりも、手軽に食べられます。

というのも、食べる際には袋を開けて食べるだけだからです。

常温保存のパンだから、解凍も不要で食べたいと思った、次の瞬間には食べられます。

ぐらと
手軽さにおいて、どの宅食より優れています。

 

そして、宅食の中ではかなりの低コスト、安いです。

最安で1食(2袋あたり)300円ほど、フレーバーによっては400円ほどになります。

家に届く・すぐ食べられる・袋を捨てるだけと、この手軽さでこの値段とコスパが高いです。

 

ベースブレッドの感想レビュー

ベースフードは、健康的に栄養が摂りたい人におすすめです。

1食でどれくらい栄養が摂れるかが、はっきりわかります。

他の宅食もそうですが「明確にビタミンが何%摂れます」とわかる宅食は、他にありません。

ベースフードは1食で1日の1/3の栄養が摂れるので「栄養を摂れた実感」を持てます。

 

また、生地がもっちもち食感で嚙みごたえがあり、満足感があります。

もっちもち食感以外にも、チアシードが生地に練りこまれているので、プチプチ食感も楽しめます。

チアシードは水を吸って膨らむので、お腹も満たされます。

ぐらと

噛むのが楽しくなるいい食感です。

よく噛むから一つでも満足感があるんですよ。

 

ベースフードの魅力!

  • おいしい
  • 何よりも手軽
  • 156円からと安い
  • 1日の1/3の栄養が摂れる
  • 満足感がしっかりあり

 

そんなベースフードですが、3位の理由はご飯が食べたいと気持ちがあるからです。

nosh(ナッシュ)はご飯と合いますし、PFC Standardはごはん入りです。

ぐらと

本当に個人的な理由ですが、お米が好きなんですよね。

パン派なら1位になってもおかしくないポテンシャルです。

今なら20%OFFで買えるキャンペーン中です。

 

\今なら20%OFFで1番お得!/

 

ベースフードの料金、味など全部をまとめてます。

「ベースフードをもっと知りたい!」、こんな思いに応えてますよ!

【総まとめ】ベースフードの全てがわかる1ページ

 

nosh(ナッシュ)、PFC Standard、ベースフードのまとめ

リゾット・ナッシュ・ベースフード

今回は3つおすすめ宅食をまとめました。

nosh(ナッシュ)PFC Standardベースフード
味、おいしさ宅食トップラスのおいしさフレーバーの個性が強くおいしい控えめな甘さで食べやすい
メニュー・フレーバー60種類以上(毎週3種類追加)10種類6種類
特徴1糖質30g以下・塩分2.5g以下約25gの高タンパク、約230kcalと低カロリー1食で1日の1/3の栄養が摂れる
1食あたり料金599円〜702円〜156円〜
送料913円〜935円〜500円
賞味期限半年〜1年半年〜1年1か月ほど
公式サイトnosh 【PFC Standard】 ベースフード
今ならキャンペーン中300円OFF送料無料20%OFF
ランキング1位2位3位

 

「宅食でどれがおすすめ?」と聞かれたら、僕は迷いなくnosh(ナッシュ)と答えます。

それぐらいナッシュは、おいしく食べていたいと思えるお弁当でした。

肉や魚はジューシー、野菜はシャキシャキ、素材の旨味がしっかりあります。

開けた瞬間に、食欲をそそられる香りが広がります……!

 

 

もし、宅食で悩んでいる・決められないという人は、ナッシュを食べてみてください。

ぐらと

絶対に損はさせません。

宅食で失敗したくない人は、ナッシュを試してみてください!

 

今なら300円OFFのキャンペーンもしてますので、ぜひお試しください!

 

\nosh(ナッシュ)は今なら300円OFF!/

 

  • この記事を書いた人

ぐらと

健康を何より大事だと考えている30代。
不健康な生活で病気になったことをきっかけに、食事や栄養、運動の大切さに気づいて90キロ→70キロのダイエットに成功!
健康的な生活を発信中!
簡単な自己紹介とダイエットの結果はこちら!

-BASE FOOD(ベースフード), nosh(ナッシュ), PFC Standard, 宅食サブスク