サブスク 一人暮らし 生活の知恵

【一人暮らしの生活費】毎月の費用を見直して貯金・節約する方法!

一人暮らしの毎月の生活費を抑えて貯金する方法
ぐらと
毎月の生活費を抑えたい……

そんなお悩みを解決します。

 

まずはこちらをご覧下さい。

 

5月と7月だけ貯金額が90,000円を割ってますが、基本的に一人暮らしでも90,000円以上貯金しています。

(5月は引っ越し直後で日用品をたくさん買って、7月は旅行に行ったため支出が多いです。)

 

僕は30歳で一人暮らしをしていますが基本的に不自由なく暮らせています。

 

特に我慢しているわけでもなくまぁまぁ幸せです。

 

ということで今回は一人暮らしの生活費を見直して貯金をしつつ幸せを保つ方法をまとめていきます。

 

さっそく見ていきましょう!

 

一人暮らしの毎月の生活費を見直して貯金する方法は?

一人暮らしの毎月の生活費を抑えて貯金する方法

 

僕の生活費のざっくりした割合はこちら。

  • 家賃…71,500円
  • 水道代…1,600円ほど
  • 電気代…6,000円〜8,000円(オール電化)
  • 交通費…13,000円
  • 食費…30,000円以下
  • サブスク…2,000円ほど
  • 交際費・趣味…30,000円以下

ここまで計算して153,750円となります。(友達と遊びに行く回数が少ない時はさらに少ないですね。)

 

給料が大体250,000円くらいなので大体100,000円くらいの貯金です。

 

ぐらと
一人暮らしで100,000円貯金出来たらなかなかのもんですよ!

 

僕の趣味がゲーム・筋トレ・漫画なのであまりお金を使う趣味じゃないのもありますが結構貯金できてるほうだと思います。

 

貯金できてますが生活費満足度が低いわけではないので僕的には満足しています。

 

抑えにくい生活費・抑えやすい生活費にわけて解説していきますね。

 

抑えにくい一人暮らしの生活費【一人暮らしの毎月の生活費】

一人暮らしの毎月の抑えにくい生活費の考え方

 

生活をしていてまず抑えにくい生活費がこちら。

  • 家賃
  • 水道代
  • 電気代
  • 交通費

 

僕は基本的に支払いはクレジットカードかQR決済にしています。

 

そうすることでポイントで数%還元されるからですね。

僕の場合毎月150,000円以上の支払いがあるわけですが、それが数%還元されるのはかなり大きいですよね。

 

支払いを現金じゃなくてクレジットカード・QR決済にするだけなので何も難しくないのが嬉しいですね。

 

こちらでQR決済についてまとめてます。

少しずつ損したくない人はぜひ見てみてください。

【なんとかPayが多すぎる】どれがおすすめPayがわからない人向け!

 

では本題を細かく見ていきましょう。

 

家賃【一人暮らしの毎月の生活費】

家賃はこれから一人暮らしするなら抑えることも可能です。

 

ただ家賃を抑えようとして、家がボロい・職場(学校)から遠い・満足度が低いところにすむのはNGだと考えます。

 

家賃は生活費の比重が大きく占めている通り、生活の質に直結します。

 

僕は一人暮らしにしては高い71,500円のマンションですが、生活の質を上げるためにここを選びました。

 

選んだポイントはこちら。

  • 駅まで4分(朝夜の満足度アップ)
  • スーパーが帰り道にある(食費の節約)
  • マンション最上階(虫が出にくいから)

朝はギリギリまでゆっくりできて、夜は疲れててもすぐに家に帰れる駅近を優先しました。

 

そして、駅から家までの間にスーパーとコンビニがあります。

 

コンビニを利用することはほとんどないですが、スーパーで買い物できるのは食費の節約に繋がります。

 

最後にマンション最上階。

僕は虫が死ぬほど無理です。ゴキブリが出た日にゃ家に入れない……。

 

なので、虫が出にくいマンション最上階にしました。上の階の物音も聞こえないのでストレスフリーですし。

 

ぐらと
つまり、家賃は生活の質に直結するので多少高くても条件のいいところをおすすめします。

 

生活費を抑えようと条件が悪いところに住むとマジで後悔します。

 

家賃と条件、バランスのいいところを探しましょう!

 

水道代【一人暮らしの毎月の生活費】

水道代は抑えにくいというか、抑えても抑えなくても大差ないと言うのが正確です。

 

一人暮らしし始めたとき・しばらくしてからを比較しても数十円変わるかどうかでした。

 

というのも水道代はこんな感じで推移します。地域によっても違いますのでそれぞれの地域で確認してください。(これは大阪市の早見表)

一人暮らしの水道代

 

毎月大体7立方メートルの利用なんですが、水道代は1,617円。

 

水道代を節約して仮に5立方メートルまで抑えても1,595円。

 

ぐらと
20円しか変わらない…

 

1立方メートル=1,000リットルなので2,000リットル節水して20円ならここは頑張らなくていいと考えます。

 

仮にたくさん使って9立方メートル使っても1,639円。これも20円しか変わりません。

 

なら気にせずストレスフリーで使うのが精神的に楽ですね。

 

電気代【一人暮らしの毎月の生活費】

電気代も水道代と同じように抑えにくい生活費です。

 

電気代=生活費の満足度だと僕は思ってます。

エアコン・パソコン・スマホなど電気代数十円のために我慢しよう!とはならないですよね。

 

そのため僕は電気代を必要な分だけ迷いなく使うと決めています。

 

暑い時はクーラーは迷いなくつけます(笑)

 

夏場は電気代が高いですが、我慢してしんどい思いをするより多少の電気代を払ったほうが生活の満足度が高いからですね。

 

ただ最近は電気会社の自由化に伴って電気代を安くできるようになったので電気会社の見直しをするべきですね。

 

地域ごとの100点満点の電気会社を見つけるのは時間もかかるし、どこがいいのか探すのも疲れます。

 

こちらのサステナブルでんきは全国対応・基本料金が無料・1kWh当たりも安くなると満点に近い損のない電気会社です。

 

そして解約金もいらず・手数料もなしと損が発生しないので100点満点の会社を見つけるまででもいいですし、少なくとも今の電気代より安くできます。

 

電気代を少しでも節約したい・損なく生活したい人はぜひシミュレーションだけでもしてみてください。

 

今の電気会社のプラン・検針票があれば簡単に申し込みができて、工事もないのでめんどくさいことなく生活費が下げられますよ。

 

サステナブルでんき

交通費【一人暮らしの毎月の生活費】

交通費は基本的に抑えようがない生活費です。

 

家から職場(学校)まで交通費は基本的に変わりませんし、節約できません。

 

節約できるとしたら定期をクレジットカードで払ってポイントを貯めることですね。

 

節約できる生活費【一人暮らしの毎月の生活費】

一人暮らしの毎月の抑えやすい生活費の抑え方

 

次に節約できる生活費です。

  • 食費
  • サブスク
  • 交際費・趣味

特にサブスクは生活満足度と節約を同時に満たせるのでうまく使っていきましょう!

 

細かく見て行きましょう。

 

食費【一人暮らしの毎月の生活費】

食費をどうやって抑えるかで生活費がかなり変わります。

 

基本的に僕は惣菜やコンビニを利用しません。すべて料理してます。

 

というのも弁当や惣菜を買うと1食500円〜くらいしますよね。ざっくりですが、自分で料理すると200〜300円です。

 

ぐらと
料理すると食費が半額程度に抑えられます!

 

料理の時間は必要ですが1回料理すれば4食分くらいはまとめて作るので大して時間はかかりません。

 

また夜ご飯は毎食100円程度しかかけてません。オートミールを食べて栄養面と金銭面を両立です。

 

弁当や惣菜に頼らなければ毎月食費30,000円以下くらいには抑えられます。(頑張れば20,000以下も可能)

 

具体的な食費の抑え方はこちらで詳しくまとめてます。

>>【一人暮らしの食費】自炊して食費節約!1ヶ月2万以下も夢じゃない。

>>【シリコンスチーマー】男の一人暮らしの便利・時短できる神グッズ

>>【簡単オートミール料理】オートミールを冷やして食べるダイエット。

 

サブスク【一人暮らしの毎月の生活費】

サブスクはうまく使えば節約になりますし、生活満足度が上がります。

 

例えばU-NEXTに入っておくと映画・ドラマなど毎月2,189円で見放題になります。つまり映画・ドラマを楽しみたい人にはかなりコスパがいいですよね。

 

他にもDMM動画見放題なら550円で動画見放題などもあります。

 

ぐらと
サブスクなんて毎月の固定費がかかるだけじゃないの?

 

毎月固定費はかかりますが、それ以上の価値を感じられるなら登録して活用していくべきです。

 

ちなみに僕が加入しているサブスクはこちら。

  • amazonプライム(月500円ほど)
  • DMM動画見放題(月550円)

大体1,000円ほどですね。

 

U-NEXTも登録していましたが、ドラマ・映画・アニメなどを見る時間が減ってきたのでDMMに切り替えた感じですね。

 

また一人暮らしをしているとamazonの荷物を受け取れないこと・毎回の送料を考えるとコスパが抜群にいいのでamazonプライムおすすめです。

 

サブスクにはいろんな種類がありますのでこちらであなたに合うものを探してみてくださいね。

 

>>【節約できるサブスク】一人暮らしでも貯金できるおすすめサブスク。

>>【サブスクまとめ】面白い・珍しい・便利なサブスクまとめ

 

交際費・趣味【一人暮らしの毎月の生活費】

多くの人はここにお金を使っているのではないでしょうか。

 

どんな人と付き合っているか・どんな趣味を持っているかは人それぞれですよね。

 

ただ交際費・趣味が楽しいからと言ってお金を使えば貯金するのはなかなか難しいです。

 

抑える方法はこちら。

  • いくら使うか決めておく
  • 違う趣味を見つけてみる

あらかじめ毎月「ここまでの金額なら使ってもいい!」と決めておくことが大事です。

 

趣味や遊ぶのは楽しくてついお金を使ってしまいますよね、だからこそ「ここまで!」と決めておくのがめちゃくちゃ大事です!

 

ぐらと
このラインを守れないとなかなか貯金ができない…

 

また今の趣味がお金がかかるなら違う趣味を見つけてみるのもアリです。

 

僕はゲーム・筋トレ・漫画が趣味なんですが、漫画以外はほぼ0円です。筋トレは家でやってますしね。

 

趣味を変えるのはなかなか難しいと思いますが、何かを変えないと生活は変わらないので無理のない範囲でやってみてください。

 

一人暮らしの毎月の生活費を抑えて貯金する方法まとめ。

まとめ

 

今回は一人暮らしの毎月の生活費を抑えて貯金する方法をまとめました。

 

抑えにくい生活費では電気会社を切り替えて節約する・抑えやすい生活費では食費は料理で・サブスクをうまく使って抑えていくのが大事となります。

 

家賃・水道代・交通費はなかなか抑えにくいので電気会社を見直しましょう。

 

食費はできるだけ料理をして半分抑えて、サブスクで生活の満足度をあげて、交際費・趣味はあらかじめ金額を決めておくのが大事ですね。

 

どうしても我慢できない人は貯金をするのが難しいと思います…。

 

そんな人は副業をして収入を増やしていくしかありません…。ブログは自分のペースでできる副業なのでおすすめです。

>>【ブログ初心者向け】ブログ始めるのにおすすめな6つのこと!

 

電気会社を変えるのはすごく簡単なのでまだ電気会社の見直しをしていない人はぜひシミュレーションだけでもしてみてくださいね!

 

サステナブルでんき

-サブスク, 一人暮らし, 生活の知恵

© 2021 マトメバコ! Powered by AFFINGER5