【おすすめタッチペン】スマホに使えるタッチペンの選び方

おすすめタッチペン タッチペンの選び方スマホ業界
ぐらと
ぐらと

タッチペンっていろんな種類があるけどどれが使いやすいんだろ?

そんな疑問にお答えします。

 

僕のおすすめはこのタッチペンです!約1年半前に買いましたがまだまだ現役で使えるコスパ最高なタッチペンです。

おすすめタッチペン

 

おすすめポイントはこちら。

  • ペン本体が丈夫
  • 替え芯が付属していて長持ち
  • ペン先を繊維と透明ディスクで使い分けられる

およそ1年半ぐらい使っていますがまだ替え芯を使ったことがありません。めちゃくちゃコスパいいです!

 

文字を書くときは透明ディスクのペン先が書きやすいんですが、他のペン先と比べて壊れやすいので長持ちする繊維タイプのペン先もついているMEKOのタッチペンは僕の理想だったのでこのタッチペンを買いました。

 

 

正直このタッチペンがあれば他のタッチペンはいらないと思えるぐらい僕の中でベストオブタッチペンです。ただ、他にも便利なタッチペンがあるのでタッチペンの選び方とおすすめタッチペンを紹介しておきます。

タッチペンの選び方

おすすめタッチペンの選び方

 

タッチペンの選ぶ大事なポイントはペン先です。

 

ペン先によって書き心地や耐久性、コスパなど大きく変わります。個人的なおすすめのペン先は繊維タイプになります。

 

どんなペン先があるか紹介しておきます。大きく分けて4種類あります。

  • ゴム
  • 樹脂
  • 繊維(おすすめ!)
  • 透明ディスク

ゴムタイプのペン先【おすすめタッチペン】

ゴムのペン先

 

ゴム素材なので液晶を傷つけにくく価格が安いのが特徴です。タッチペンデビューにはベターな選択です。ただ安価なため消耗が激しかったり、ゴムが滑りづらくなって使いにくくなるなどデメリットもあります。

 

  • 安いものが多い
  • コスパはよくない
  • タッチペンデビューならあり

 

樹脂タイプのペン先【おすすめタッチペン】

樹脂タイプのペン先

 

樹脂タイプの特徴はペン先が細くボールペンのような書き味で使えること。また、筆圧の強弱で太さを変えられる「筆圧感知機能」がついている製品も多いです。

 

ただペン先が硬いので液晶を傷つけやすいので保護シートは必須になりそうです。

 

  • ボールペンと似た書き心地
  • 筆圧で太さを変えられる
  • イラストを描くのに向いている
  • そのまま使うと液晶が傷つきやすい
  • 価格は少し高め

 

繊維タイプのペン先【おすすめタッチペン】

繊維タイプのペン先

 

繊維タイプはサラサラした書き心地とタッチのしやすさが特徴です。また、丈夫な素材なので長持ちしてコスパのいいペン先タイプとなります。

 

僕も1年半ほど使っていますが特にヘタレることなく愛用しています!個人的には一番おすすめなペン先です。

 

  • サラサラした書き心地
  • 丈夫な素材で長持ちする
  • 値段もそこそこでコスパよし
  • 個人的には一番おすすめなペン先

 

透明ディスクタイプのペン先【おすすめタッチペン】

透明ディスクタイプのペン先

 

透明ディスクタイプはペン先がよく見えて書きやすいのが特徴です。文字を書くときにおすすめなペン先です。

 

ただ透明ディスクがゴムで繋がっているので劣化するとゴムが切れて使えないなど少し脆い部分もあるので要注意。僕のタッチペンも透明ディスクがありますが、繊維タイプで文字が書けない時にしか使いません。

 

  • 書きやすい
  • ペン先が見やすいので細かな絵も描ける
  • 価格は少し高め
  • 劣化すると脆くなる

 

おすすめタッチペンのご紹介

おすすめタッチペンの紹介

 

個人的なおすすめタッチペンは冒頭でも紹介しましたMEKOのタッチペンです。(コスパ最高な繊維と透明ディスクタイプです。)

 

ただ他のタイプのタッチペンも使っていたのでおすすめタッチペンだけ紹介しておきます。

 

10本セットタッチペン MEKO 指で触れずペン

こちらのおすすめポイントはこちら。

  • 10本セットで安い
  • 小さめサイズで持ち運びしやすい
  • ストラップホール付き

安くてコスパがいいゴムタイプのタッチペンなんですが、ゴムは劣化しやすいのでタッチペンデビューの人におすすめな商品です。

 

「タッチペン使ってみようかな」と思っている人向け、ライトユーザー向けですね。

 

MEKO スタイラス タッチペン2本 +交換用ペン先6個

1番おすすめするタッチペンです。

  • 1年半以上使っても壊れてない
  • 値段も1,200円ぐらい
  • 書きやすいし使いやすい

 

1年半以上ほぼ毎日使っていますが特に不具合無く普通に使えてます繊維と透明ディスクの両タイプで使い分けられるのもおすすめポイントです。

 

 

菜箸deスマホ

タブレットなどでレシピを見て料理するとき、手が汚れていたり濡れていると触りづらいです。この菜箸は末端がゴムになっているので料理しながらでもレシピが見れる優れもの

 

利用シーンは限られますが料理する人にはおすすめ。

 

  • 料理しながらでも使える
  • スマホを汚さず使える
  • 値段も安い

 

 

Adonit Dash3

普段使いのボールペンのようにペン先が細いので他のタッチペンにはない書き心地があります。イラストにも使えるくらい繊細に使えますよ

 

  • クリップ付きで持ち運びしやすい
  • ワンタッチですぐに使える
  • 値段は高めだがマルチに使える

 

 

おすすめタッチペンの選び方のまとめ

まとめ

 

個人的なおすすめタッチペンはMEKOの繊維と透明ディスクが使えるタッチペンです。ただ、イラストを描いたりするなら樹脂タイプのAdonit Dash3がおすすめです。

 

いろんなタッチペンがありますが安いものではないのでもしよければ参考にしてくださいね!

 

1番おすすめ。

 

イラスト描くならこっちがおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました