DMM VOD

【コスパ比較】DMMTVとdTV、どっちがおすすめ?

2022年12月12日

DMMTVとdTV

ぐらと

アニメ・漫画・サブスクが大好き!
いろんなサブスク、アニメ、漫画のレビューや紹介をしています。
面白かった・役にたったと思ったら、フォローやコメントお願いします!
問題あれば、ご一報いただければ幸いです。迅速に対応させていただきます。

※ページの情報は、公開時点のものになります。最新ではない可能性がありますので、ご注意ください

「DMMTVとdTVってどっちがいい?」

「使いやすさとか、作品数とかどうなの?」

 

DMMTVとdTV、どちらもコスパの高い動画サブスクですが、どちらがいいのか気になりますよね。

このページを見てもらえれば、DMMTVとdTV、どっちがおすすめかがわかります。

 

選ぶポイントはこちら。

  • 見たい作品があるか
  • 同時視聴するか
  • 使いやすいか

 

簡単にまとめていきます。

 

DMMTVとdTV、どっちがいいか比較

DMMTVとdTV

 

DMMTVと、dTVを比較していきます。

DMMTVdTV
月額料金550円550円
無料お試し期間30日間無料+550円分ポイント×3ヶ月1ヶ月無料
作品数120,000本以上(2022年12月見込み)120,000本以上
オリジナルコンテンツアニメ・声優番組、バラエティなどバラエティ・ドラマなど
同時視聴できる人数4人×
プレイヤーの使いやすさ
支払い方法クレカ・DMMポイント・キャリア決済クレジットカード・ドコモ支払い
その他の特典DMMのプレミアム特典が使えるなし

 

どちらがいいのか、比較してまとめていきます。

 

\30日間無料+550円分ポイントもらえる!/

 

\30日無料!/

 

 

料金と作品数で比較

月額料金と作品数で比較

 

まずは、DMMTVとdTVの料金と作品数で比較です。

DMMTVdTV
月額料金550円550円
無料お試し期間30日間無料+550円分ポイント×3ヶ月1ヶ月無料
作品数120,000本以上(2022年12月見込み)120,000本以上
グラビア・アダルト作品
8,000本以上
なし
オリジナルコンテンツアニメ・声優番組バラエティ・ドラマなど

 

どちらも月額料金は550円、そして見れる作品数は120,000本以上です。

ここまで似ているサブスクは珍しいですね。

 

料金面で違うところは、DMMTVは無料お試しの際に、550円円のポイントがもらえることです。

このポイントは、DMM内で使えます。有料動画や電子書籍を買うことができます。

 

こんな感じでもらえます。

一気に3ヶ月分もらえるわけではありませんので、ご注意ください。

1ヶ月目無料+550円分ポイント
2~3ヶ月目550円+550円分ポイント
4ヶ月目550円

 

アダルト作品があるかどうか

作品面で違うところは、アダルト作品があるかどうかです。

DMMには、グラビア作品が約6,000本以上、アダルト作品は2,000本以上あります。こういった作品がある分、dTVの方が通常作品が多いと言えますね。

DMMTVをお子さんに使わせたくない人は、年齢制限をかけれられるのでご安心ください。

 

オリジナルコンテンツに違いがある

あとは、オリジナルコンテンツの違いです。

DMMTVは、エンタメを楽しめることをコンセプトにしています。そのため、アニメや声優さんに特化したものになっています。

 

対して、dTVはバラエティ・ドラマなどに力を入れています。

ぐらと

オリジナルコンテンツは見たいものがあるかどうかですね。

あまり興味がなければ、気にしなくて大丈夫です。そんなに作品数も多くないので。

 

見れるジャンルに違いがある

最後に見られるジャンルです。

DMMTVdTV
アニメアニメ
キッズキッズ
2.5次元・舞台ーーー
特撮ーーー
映画(国内外)映画(国内外)
ドラマ(国内外・韓流)ドラマ(国内外・韓流)
バラエティバラエティ
グラビアなど音楽

 

DMMTVはエンタメ特化の動画サブスクで、2.5次元・舞台も配信しています。

dTVの親戚、dアニメストアでも配信していますが、作品数が少ない上に別途料金がかかります。

もし、刀剣乱舞などの2.5次元の舞台やミュージカルが好きなら、DMMTVがおすすめです。

 

対して、dTVはドラマや映画の種類が多いです。

連続ドラマ、海外ドラマなどが好きな人は、dTVがおすすめです。

 

同時視聴や使いやすさで比較

動画配信サービスの選び方

 

DMMTVと、dTVの使いやすさ比較はこちら。()内はウェブ版のみ。

DMMTVdTV
同時視聴できる人数4人×
再生速度の変更1.25倍、1.5倍、1.75倍、2.0倍1.2倍、1.5倍
OPEDスキップOP・EDともに対応×
早送り・早戻しの秒数設定10秒、30秒、60秒10秒
シリーズ一覧へのアクセス×
ダウンロード機能ありあり

 

同時視聴

同時視聴では、DMMTVが優勢です。

DMMTVは4つまでプロフィールを作ることができ、プロフィールごとに動画を見れます。

 

4人まで同時視聴ができるので、一人当たり138円で見れる計算になります。何人かで利用するなら、料金的にもDMMTVが優勢になります。

ぐらと

ご家族で使う場合、同時視聴はできたほうが絶対便利ですよね!

お子さんアカウントには、年齢制限がかけられますから安心ですよ。

 

再生速度の変更

DMMTVのプレイヤー

 

DMMTVは細かく倍率が設定でき、好みに合わせられます。

dTVでは1.2倍と1.5倍しか設定できません。しかもアプリ版のみです。

ぐらと

ドラマや映画なら、1.25倍くらいが見やすいです。

アニメなら、~1.5倍でも見やすいとは思います。

 

OP・EDスキップ機能

DMMTV

 

DMMTVには、アニメやドラマで使えるOP・EDスキップ機能があります。

対して、dTVにはこの機能がありません。

 

時短でアニメやドラマを見たい人には、かなり便利な機能です。

さらに、OP・EDに特殊な演出やセリフがある場合、スキップ機能は使えないようになる便利仕様です。

 

早送り・早戻しの秒数設定

DMMTV

 

DMMTVでは、早送り・早戻しの秒数設定が細かくできます。10秒、30秒、60秒ですね。

dTVでは早送り、早戻しどちらも10秒に固定されています。

 

この秒数は人によって、好みが分かれますよね。

自分好みに変えられるのは、かなり使いやすいと思います。

 

シリーズ一覧へのアクセス

DMMTV

 

DMMTVでは、アニメでもドラマでも、シリーズ一覧へのアクセスが簡単です。

画像のように、タイトル下の「何シーズン」や「サブタイトル」を押せば、続けて2期を見たり、1期に戻ったりができます。

 

DMMTV

 

これはパソコン版もそうです。

作品にもよるかと思いますが、最近のアニメの続編のサブタイトルって、「どっちが先…?」「わかりにくい!」と思うものもあります。

 

写真の銀魂なんて「銀魂‘」「銀魂.」「銀魂延長戦」など、どれが新しいんだ!ってなりますね(笑)

ですが、DMMTVはちゃんと順番に並んでいるのでわかりやすいです。

ぐらと

他のサブスクでは見終わったら、一度戻って続編を見つけないといけません。

その点、DMMTVはサッと切り替えできるので、とても楽です!

 

支払い方法で比較

支払い方法

 

DMMTVdTV
クレジットカードVISA / JCB / AMERICAN EXPRESS / DINERSVISA、MASTER、JCB、AMEX
キャリア決済ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルドコモ支払い
その他支払いDMMポイントAPPstore、Google Play、コンビニシリアルコード、dポイントなど

 

クレジットカードでは、両方とも使いやすいブランドがそろっています。

DMMTVはMasterがない・dTVはDINERSがないという感じですね。

 

キャリア決済はDMMTVの方が便利ですね。

3大キャリアの決済方法が使えます。dTVはドコモのみですね。

 

その他支払い方法では、dTVの方が種類があります。

各OSの支払いが使えたり、コンビニでプリペイドカードを買って支払いが可能です。

 

ぐらと

クレジットカードとキャリア決済があれば、大丈夫だとは思います。

そういう意味では、支払い方法では優劣はあまりつかなさそうですね。

 

その他の特典で比較

その他の特典

 

DMMTVにはプレミアム特典がありますが、dTVには特典がありません。

特典に関してはDMMTVが勝利です。

どんな特典があるか、まとめます。

  • オンライン診察が受けられる
  • ポイントで映画チケットが買える
  • 英会話の参加チケットがもらえる
  • ゲーム内アイテムが毎月もらえる
  • DMM内サービスの割引クーポンもらえる

 

僕はよくDMM内サービスを利用しています。

いまのところ、プレミアム特典はゲーム内アイテムをもらえるくらいしか使っていません。

ですが、このDMMプレミアム特典は2022年12月から始まったばかり。

これから、特典が増えることに期待できます。

ぐらと

このままだと、使える人が限られますからね。

それでも、特典がないよりはいいですけどね。

 

DMMTVとdTVの比較のまとめ

まとめ

 

簡単におさらい。

DMMTVdTV
月額料金550円550円
無料お試し期間30日間無料+550円分ポイント×3ヶ月1ヶ月無料
作品数120,000本以上(2022年12月見込み)120,000本以上
グラビア・アダルト作品6,000本以上なし
オリジナルコンテンツアニメ・声優番組バラエティ・ドラマなど
同時視聴できる人数4人×
プレイヤーの使いやすさ
支払い方法クレカ・DMMポイント・キャリア決済クレジットカード・ドコモ支払い
その他の特典DMMのプレミアム特典が使えるなし

 

選ぶポイントはこちら。

  • 見たい作品があるか
  • 何人で使いたいか
  • 早送りや倍速を使いたいか
  • 大人向け動画を見るか

 

僕はこれらのポイントをふまえて、DMMTVを使っています。

月額料金と作品数が同じなので、コスパは同じなんですね。あとは、使いやすさ・同時視聴するかなどですね。

ぐらと

あとは最後に見たい作品があるかですね。

見たい作品がないのに、そのサブスクを利用してもしょうがないですからね。

 

「コスパのいい動画サブスクを利用したい!」

「安くて使いやすいサブスクが使いたい!」

こんな感じで、見たい作品が明確に決まってない人には、僕はDMMTVをおすすめします。

 

最新作や話題作もありますし、動画プレイヤーも使いやすいです。

せっかく楽しい動画を見ていても、プレイヤーが使いにくいとイライラしたり、テンションが下がってしまいますからね…。

 

今ならどちらも、30日無料お試しがあります

あなたに合った方を選んでもらえたら、それが一番だと思います!ぜひお試ししてみてください!

 

登録はとても簡単で、アカウントを作って支払い方法を入力するだけです!

支払い方法の登録といっても、無料お試し期間で解約すればお金はかかりませんので、安心してください。

 

\30日間無料+550円分ポイントもらえる!/

 

 

\30日無料!/

 

こちらでDMMTVの無料お試しの方法をまとめてます。

画像付きで、分かりやすくまとめています!

【DMMTV】無料お試しできる!登録方法も画像付きでまとめ!

 

  • この記事を書いた人

ぐらと

アニメ・漫画・サブスクが大好き!
いろんなサブスク、アニメ、漫画のレビューや紹介をしています。
面白かった・役にたったと思ったら、フォローやコメントお願いします!
問題あれば、ご一報いただければ幸いです。迅速に対応させていただきます。

※ページの情報は、公開時点のものになります。最新ではない可能性がありますので、ご注意ください

-DMM, VOD