当サイトにはプロモーションが含まれています。

VOD(動画サブスク)

【比較あり】dTVは使いにくい?口コミと正直レビュー!

2022年12月29日

dTVは使いにくい? 口コミと正直レビュー

「dTVって使いにくい?」

「実際どうなんだろう?」

 

コスパの高い動画サブスク、dTV。

コスパが高くても使いにくいとイライラするし、テンションが下がりますよね。

このページを見てもらえれば、dTVが使いにくいかどうかが丸わかりです

 

今回は、同じ月額料金、見れる作品数がほとんど一緒のDMMTVと比較もしています。

比較対象がないとわかりずらいと思いますので、参考にしてみてください!

 

簡単なdTVの紹介です。

dTV
月額料金550円
無料お試し期間1ヶ月無料
作品数120,000本以上
オリジナルコンテンツバラエティ・ドラマなど
同時視聴できる人数×
プレイヤーの使いやすさ
支払い方法クレジットカード・ドコモ支払い
その他の特典なし

 

dTVは使いにくい?dTVの口コミ

DMMTVとU-NEXT

 

口コミをまとめると、こんな感じです。

dTVの悪い口コミ

  • UIが使いにくい
  • 安いけど使いにくい

dTVのいい口コミ

  • 使いやすい
  • スキップもしやすい
  • 自動再生が使いやすい

 

悪い口コミ・いい口コミが3:7という感じでした。

時期によって、UIが使いにくいことがあるみたいですね。

大型のアップデートが入ったときに、今までとは違うUIになるとどうしても違和感がありますからね。

 

慣れると問題ない感じがしますが、初めて使う人のなかには、戸惑う人がいるかもしれませんね。

 

dTVの正直レビューをDMMTVと比較

動画配信サービスの選び方

 

dTVの正直レビューをしていきます。

まずは、dTVの簡単な紹介から。

dTVDMMTV
月額料金550円550円
無料お試し期間1ヶ月無料30日間無料+550円分ポイント×3ヶ月
作品数120,000本以上120,000本以上(2022年12月見込み)
オリジナルコンテンツバラエティ・ドラマなどアニメ・声優番組
同時視聴できる人数×4人
プレイヤーの使いやすさ
支払い方法クレジットカード・ドコモ支払いクレカ・DMMポイント・キャリア決済
その他の特典なしDMMのプレミアム特典が使える

 

dTVとDMMTVの性能はほとんど一緒です。

月額料金550円、見れる作品数は120,000本以上で同じです。

違うのは、それぞれの得意ジャンルという感じです。

 

ここから、dTVの使いやすさをレビューしていきます。

倍速再生や早送り・早戻しの秒数など、DMMTVと比較してわかりやすくしていきます。

 

dTVのUIや使いやすさ

動画配信サービスの選び方

 

dTVはアプリ版、ウェブ版の使い勝手は同じです。

どの端末でアクセスしても、基本的な使い方は一緒です。

dTVオリジナルコンテンツ「ゴッドタン」という番組画面で解説していきます。

 

dTV

こちらdTVを、パソコンで見た時のスクリーンショットです。

左下に早送りや早戻し、音量調整がありますね。

そして、右上にエピソード選択。右下に倍速再生や画質設定があります。

 

dTV

 

この画像は、dTVアプリ版で同じ動画を再生しているスクリーンショットです。(スクショ防止で黒くなってます)

違うのは、それぞれのボタンの位置くらいです。

右上の歯車マークで、倍速再生や画質設定ができるようになっています。

 

普通の動画再生プレイヤーという感じで、特に不満はありませんでした。

問題なく使えるという印象です。

 

dTVとDMMTVの比較

DMMTVとdTV

 

dTVとDMMTVの比較はこんな感じです。

dTVDMMTV
同時視聴できる人数×4人
再生速度の変更1.2倍、1.5倍1.25倍、1.5倍、1.75倍、2.0倍
OPEDスキップ×OP・EDともに対応
早送り・早戻しの秒数設定10秒10秒、30秒、60秒
シリーズ一覧へのアクセス
ダウンロード機能ありあり

 

同時視聴の人数

dTVは同時視聴ができません。

5台までデバイス登録ができますが、1人ずつしか見れません。

対して、DMMTVは4人まで同時再生ができます。

それぞれに年齢制限をかけられるので、お子さんが見るときでも安心です。

 

倍速再生の設定

そして、倍速再生の速度は1.2倍、1.5倍のみ選べます

動画をたくさん見る人なら、もう少し倍速再生を自分好みに選べた方がいいかなという感じですね。

対して、DMMTVは1.25倍、1.5倍、1.75倍、2.0倍と細かく設定ができます。

自分好みに合わせられるので、使いやすいかなと思いますね。

 

早送り・早戻しの秒数設定

dTVは早送り・早戻しの秒数が10秒で固定です。

細かく操作できるのはいいですね。

対して、DMMTVは10秒、30秒、60秒から設定できます。

僕は10秒派なので、dTVでもDMMTVでもどちらでも問題ありませんでした。

ただ、「10秒ずつは面倒くさい!」という人は、DMMTVの方が使いやすいですね。

 

OP・EDスキップ

また、アニメを見る人なら欲しいOP・EDのスキップ機能がありません。

ただ、連続再生機能はあるので、次の話を勝手に再生してくれます

DMMTVのプレイヤー

対して、DMMTVはOP・EDスキップ機能があります。

アニメをたくさん見たい人は、時短ができるのでおすすめです。

 

シリーズ一覧へのアクセス

dTV

 

次に、アニメやドラマのシリーズ一覧へのアクセスは〇です。

「シリーズ」をいうところを押すと、そのシリーズが一覧になって表示されるので、作品を連続で見れるようになっています。

 

DMMTV

対して、DMMTVはシリーズ一覧へのアクセスが◎でです。

DMMTVでアニメ「銀魂」を開いています。

画像のように、アニメを見るページでシリーズ一覧へのアクセスが簡単にできます。

 

異常のことから、dTVの使いやすさは問題はなしだと思います。

もう少し細かい設定ができれば、もっとよくなるという印象です。

100点中75点くらいでしょうか。

 

DMMTVは同じ月額料金、同じ作品数で細かいところまで設定できるので、個人的にはDMMTVがおすすめかなと思います。

100点中90点くらいです。

見たい作品がdTVにしかないなら、dTV一択ですね。

ただ、見たい作品人気作品や話題作で、どっちのサブスクでも見れるならDMMTVが使いやすいと思いますね。

 

dTVは使いにくい?口コミと正直レビュー

まとめ

 

今回はdTVが使いにくいか、口コミと正直レビューをまとめました。

簡単におさらい。

 

dTVの悪い口コミ

  • UIが使いにくい
  • 安いけど使いにくい

dTVのいい口コミ

  • 使いやすい
  • スキップもしやすい
  • 自動再生が使いやすい

 

 

同じ作品数、同じ作品数のDMMTVとの比較。

dTVDMMTV
同時視聴できる人数×4人
再生速度の変更1.2倍、1.5倍1.25倍、1.5倍、1.75倍、2.0倍
OPEDスキップ×OP・EDともに対応
早送り・早戻しの秒数設定10秒10秒、30秒、60秒
シリーズ一覧へのアクセス
ダウンロード機能ありあり

 

同じ作品数、同じ作品数のDMMTVと比較してみると、DMMTVが使いやすいかなと思います。

dTVは75点くらい、DMMTVは90点くらい、こんな印象です。

見たい作品がどちらにもあるなら、DMMTVをおすすめします。

ぐらと

実際、僕はDMMTVをメインにしています。

特に不満がなく、ストレスフリーに動画を楽しんでいます!

 

こちらでもう少し詳しく、比較してます。

DMMTVに興味がある人は、ぜひご覧ください!

【Dのコスパ比較】DMMTVとdTVどっちがおすすめ?

 

\30日間無料!/

 

 

  • この記事を書いた人

ぐらと

ゲーム・アニメ・漫画が大好きで、エンタメ特化で紹介してます。

いろんなサービスの細かいところまで比較しているので、参考にしてください!

被リンクやお仕事相談などありましたら、気軽にご相談ください。

Twitterフォローもお願いします!

-VOD(動画サブスク)
-